Skip to content

ユニバース倶楽部のモテない食風景

Posted in 出会い


目は心の窓です。
初対面の人と目を合わせて話す事はちょっと緊張するし、恥ずかしいものですが、出会いの場でチャンスをつかむ為には、相手の目を見つめて話せるようになる事が望ましいでしょう。
対話のコツは、相手より3秒長く見つめる事なのですが、恋愛の場に限らず
商業的な交渉の場や自分の意見を通したい時も有効だそうです。
どうしても見つめる事が出来ない時は、相手の鼻先あたりを見ると、目を見つめ合っているように錯覚するそうなので、試してみるのも良いかと思います。
もし、相手の機嫌が悪い場合は、適当な所で話をそらすなり、打ち切る時もごく自然に振る舞えるのでよいですね。
目に力があると言われている人は、あまり鋭い目線を送らないように注意しましょう。
目は心の窓であり、目で物を言うとさえ言われています。
恋心を伝えるのも熱い視線です。

 

身体の動きで分かる好感度
自分が話している時に、窓の外を見たまま「ふーん、そう」なんて気のない返事をされたらがっかりですよね。
ましてやスマートフォンなんか操作していたらイラッとして喧嘩になる事もあるでしょう。
何気ない仕草でその人の心理を読み取る事が出来ます。
腕を組んで話すのは、警戒心の現れではなく、自分の安全エリアを示し、案外リラックスした状態だそうです。
飲み物をストローでグルグルしている時は、話に飽きているか、もう帰りたいときのサイン、こうして相手を観察してみると、今までとは少し違う見え方が出来るでしょう。
だからこそ、相手の話を聞く時は、少しオーバーなくらいのリアクションを取って、あなたの話はとても面白くて楽しいですよと、示してあげる事も大切なのです。
箸の持ち方、食事の仕方で未来が分かる
食事をしている時にその人の性格や受けて来た教育と親のしつけが分かります。
日本人は特に、食事のマナーにはうるさい方でしょう。
食べ物を口に入れたまましゃべらないのは当たり前ですが、器の持ち方や箸の使い方は、育ちの良さを見分けるポイントになります。
美しい食事風景は難しいマナーを意味する事ではなく、やってはいけない事を知っているという意味です。
皆さんはご存知だと思いますが、ナミダ箸、迷い箸、よせ箸、最低なのが箸を楊枝のように使う人です。
どのようにハンサムでも美女でも、クチャクチャ音を立てながら食事をしている様子を見ると、恋心も一気に醒めてしまいますよね
社会的に成功する人達は、食事のマナーをしっかりと身に付けており
玉の輿に乗った時に恥をかかないようにしたいですね
汚い食事風景は良縁を逃がすとも言われていますよ。

 

パパ活専門の交際クラブ「ユニバース倶楽部」の調査報告:ユニバース倶楽部.com

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です