Skip to content

再婚相手に心を開かない子供の心境

Posted in 恋愛


■ゆっくりと家族を作る
子供が再婚相手に心を開かないということは少なくないです。
家の中も変な空気だし家族としても今後が心配。
早く打ち解けて欲しいと考えることもわかりますが、じっくり待つことが必要だと思います。
あなたにとっては大切な二人ですが、その二人は今はまだ他人。
これからゆっくりと家族になっていくのです。

 

■打ち解けられなくて当たり前
できるだけ早く仲のいい家族になろうという願望は捨てましょう。
その望みは自分勝手だということを理解してください。
子供からするとまだまだ今の状況に戸惑っている最中なのかもしれません。
また本当はしっかりと現状を把握して、しかしそれでも心が開けないのかもしれません。
くれぐれも親と思うように強要したり無理やり「お父さん」と呼ばせるようにはしないこと。
親を親と認識することは生まれてから成長していくことで自然と身につくことなのだと思います。
その工程を踏めずに親だと思うなんてできなくて当たり前なのです。

 

■反抗的な態度の意味
特に前の父親の記憶があるのなら、子供はその本当の父親に罪悪感を感じているのかもしれません。
再婚相手を父親として認めない、心を開かないのはその罪悪感が原因となっていることが多いのではないでしょうか。
それが再婚相手へ反抗的な態度として出てしまったりするのだと思います。
時にはそれがあなたへと向かうこともあるでしょう。
その時にはしっかり子供の気持ちを尊重してあげてください。
けして再婚相手へ意地悪な気持ちを抱いているのではないはずです。
とても苦しみながら、そのような対応しかできないのかもしれません。
そこに無理やり家族を形成しようとすれば子供にとっても大きなプレッシャーになると思います。
それは再婚相手への反抗心が強くなるだけではなく、あなたへの不信感が生まれてくる恐れがあります。

 

■あなたが幸せということを子供に見せる
一番気をつけたいことはあなたが不満そうな態度を出さないことです。
こんなはずじゃなかったという思いも将来への不安もあるとは思います。
しかし今の家族が幸せなんだという気持ちは失ってはいけません。
そしてそれを子供にも見せてあげましょう。
お母さんが不幸そうな顔をしているのを見ると、子供は再婚相手を嫌いになってしまうこともあります。
またお母さんが幸せではないのはもしかして自分のせいなのかも?と考えてしまうかもしれません。
すぐに解決できない問題とは思いますが、焦らずにゆっくり待つことが大切でしょう。
心の通じ合っていない家族関係を無理やり作っても、それは長く続くものではないと思います。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です